塩洗顔ってご存知ですか?

塩洗顔について

私は時々洗顔後にミネラル分豊富な海塩を溶いたお湯で、軽くお肌を流すことがあります。
昔読んだエレガンスの本に出てきた方法で、お化粧のりが少し良くなるのです。

 

後は炭酸水の飲みきれなかったもので洗うこともあります。
何故かというと、石鹸を使って洗うと、お肌はアルカリ性に傾くのです。
それを炭酸で中和し、マッサージ効果を得るというわけ。ふと思い出して調べてみたら、塩洗顔、流行っているようですね。
方法も様々です。塩石鹸などもあるようです。

 

塩は、殺菌効果が多少はありますから、菌が繁殖しやすい方には良い成分だそうです。
逆にお肌の弱い方は、赤くなったというお声もあります。私は肌が弱いのですが、赤くなったことはありませんよ。人によりけりと言ったところでしょうね。

 

塩洗顔で失敗をなさる方の中には塩をスクラブ代わりに、ごしごししてしまっている方や、食塩水の濃度を濃くして、長時間肌につけておいでの方が多いようですね。
良いですか。皆様のお肌は、赤ちゃんのお肌です。
赤ちゃんのお肌に塩をこすりつけて、ごしごししませんよねえ。
ぬかみそにつける前のきゅうりじゃあないのですから。
また、これは毎日する事ではないですよ。月に1回もすれば、充分です。普段は、普通のコスメで対応してどうしても気になったらすればよいのです。
今私が気になっているのは、アンデスのミネラル豊富なピンクソルト。でもいいお値段で、顔を洗うのに使うのは躊躇しています。


塩洗顔ってご存知ですか?関連ページ

あると便利なグッズ
あると便利な毛穴の開き解消おすすめグッズをいくつか紹介します。洗顔時に便利な手ぬぐいや入力時のバスソルトなど。
毛穴を締める
毛穴の引き締めには、一度開いてから締めるというのがいいですよ。簡単にできる自宅スチーム法を紹介します。
紫外線カットしていますか
皆さん日焼け紫外線対策はどうしていますか?正しいUVクリーム、日焼け止めの選び方などは理解していますか?
美肌は内臓から
どんなに良い化粧水や美容液を使っていても、身体の調子が悪く内臓の機能が低下していると美肌にはなれません。