シルキー肌の作り方

シルキー肌の作り方

綺麗なお肌の形容は幾つもあります。
真珠のような肌、白雪のような肌、もちのような肌、そして絹のような肌です。

 

私はこれら形容に当てはまる肌の持ち主を何人か知っていますが1人だけ全部の形容が当てはまる方に出会ったことがございます。
大学で出会った、京都は洛中の正真正銘の京女です。
どんなに近寄っても毛穴のけすら見えないのです。若かったということもあるのでしょうが、とにかく綺麗な肌です。
こちらは遅くなった思春期ニキビで悩んでいるのに、彼女は肌荒れすらない。

 

面白いことに、彼女はあまりお肌に手をかけないのです。
お粉も本当につけているかいないかです。そんな調子ですので、強い洗顔料を使う必要が無いようなのです。
今、京都発のブランドの米ぬかやこんにゃくを使った洗顔セットが、人気ですが、ぬか袋は本当に良いみたいですね。後は、絹や繭などの洗顔パフも京都発ブランドから出ています。絹は摩擦係数が少ないので、お肌には本当に良い素材だと言われています。

 

伝統的な洗顔では鶯の糞を粉末化したものが有名です。お肌が白くなるそうです。

 

私が経験したのは、本当に乾燥したときに米のとぎ汁で顔や髪を洗うというものです。
今のお米は、精白しすぎていてとぎ汁は使えませんが、私の祖父母は自分の家の分はお米を作っていたので、送られてくるお米には栄養豊富な成分が残っているのです。
普通は化粧水のように使うのですが、私は軽い汚れを先に落とすのに使ってみたことがあります。
油を含んでいるので結構汚れが浮きますし、アレルギーの炎症がピタッと止まるのです。つまり普段使っている化粧品が強すぎるという事でしょう。塗りすぎない、使い過ぎないが、お肌に良いことと言えそうです。


シルキー肌の作り方関連ページ

下地をきちんと塗りましょう
お化粧の時に下地はきちんと塗っていますか?この下地はすごく重要です。ムラなく下地クリームやファンデを濡れていますか。
ミネラルファンデについて
ミネラルファンデーションも毛穴を隠すのにおすすめなメイク方法です。その他にもいろいろな人気のポイントがあります!
若く見えるカバー術
女性なら誰でも少しでも若く見られたいものです。では若く見えるカバー術についてご紹介します。
アクセで目くらまし
毛穴を目立たなくするための裏技としてアクセサリーやヘアアクセサリーで視線をそらすというのもおすすめです。
カラーでトーンアップ
毛穴の開きを目立たなくするためにはカラーでトーンアップすることも重要です。