毛穴の開きを治すには?【毛穴化粧品はこう選ぶ!】

毛穴開いていませんか?

仕事やデートでくたくたになって、帰ってきて、さてメイクを落そうかな、そう思って鏡を見たら、皮脂でべたべたになったお肌に、ぶつぶつ毛穴が開いたお顔。
ガーン。
「まるでみかん」とへこんでいませんか。

 

また、写真を撮ってもらって、自分を探したら、なんだか老けて見える。
それもよくある事です。
私も今、仲間がとってくれた昔の集合写真を見ましたら、鼻の回りがくすんで見えて、愕然としました。
個人スナップは、毛穴がばっちり見えます。
うん、まさしくミカンですね。
自戒のために、暫く壁に貼っておこうと思っています

 

インターネットで男どものホンネを見てみますと、本当にシビアです。
毛穴の開きは無駄毛と同様に、男子が嫌がるものの上位に堂々と、ランクインしています。
そっちはぶつぶつやら、黒ずみやら、無駄毛やら放置してケロッとしているのに、女子にばかりに言うのはフェアじゃないと思っていたら、最近の男性は自分の毛穴も気にするようです。
私のそばにもコスメにこだわりのある男子がチラリほらりおいでです。皆様お悩みなのですね。
毛穴専用グッズやコスメで即解消、と言いたいところですが、実はそのケアが毛穴を広げていたりするのです。

 

頻繁に角栓をとりすぎてどんどん毛穴が広がっていく方、ごまかそうとしてファンデーションを厚塗りして肌を硬くしてしまっている方が多いようですね。
残念ながら、ファンデーションを塗れば塗るほど、ぬぺーっとした不気味な感じになるのです。

 

「じゃあ、どんなコスメがいいの」かしこまりました。そのお悩み、ご一緒に解消してまいりましょう。


 

管理人の独り言

ぶつぶつ苺鼻、ほっぺにプツプツ、ファンデを厚塗りしてもごまかすどころか、かえって目立つ毛穴の開き。

おやおや困りましたね。
皆様ごきげんよう。私はもう女子とはいえなくなったアラサーいやそのもの30女です。

 

しかし、外見年齢は、23歳。去年までは大学生と間違えられていました。

 

その理由はお肌の色の明るさ、と言ってもファンデーションを上手に使うテクを持っていること、アクセサリーで肌を明るく見せるコツを心得ていることと顔を洗うのが上手いというだけの話ですが。
石鹸が何故か大好きで、いろいろ試してきましたが、今はスペインのカスチール石鹸を気に入って使っています。後引き締めにはお塩を使っていますよ。

 

皆様、毛穴が気になるという事で強いクレンジング剤を使ったり、ごしごしこすってしまったり、熱いお湯で流してしまったりしていませんか。
お肌はとってもデリケートです。
乾燥して皮脂がかえって出てきたり痛んで黒い角栓が詰まった状態になってしまったりします。
正解の洗い方はメイクはクレンジング剤で落として洗顔は泡で優しく撫でてあげてぬるま湯ですすぎ、水気を質のいいタオルで優しくふき取ってからお化粧水、乳液を適量つけるというものです。
またファンデーションは、沢山塗るのではなく、もとのお肌にヴェールをかけてあげる程度で良いのですよ。
分厚く塗ってしまうと洗うときも大変ですし、肌が呼吸できなくなってしまって、毛穴が詰まって開いてしまう原因になります。
また、皆様、紫外線対策をきちんとしてらっしゃいますか。日焼け止めを塗っていても、目から紫外線が入ってくるので、お肌が痛みます。
後油とり紙の使い過ぎも良くないと言われております。こうしたちょっとしたお肌のトラブルを回避することで、陶磁器や絹のような柔らかい質感のお肌になることができます。
すぐに改善できない場合は、顔面から視線を外す方法もございますので、ご紹介いたします。
毛穴の開きを気にせずにレジャーやデートを楽しみたいですね。

 

アラサー、アラフォーの化粧品選びは・・

好きで年を取ったわけではないですが、誕生日が来るたびに、確かに年は取っていきます。
ああ・・昔は誕生日はウキウキだったのに・・今は悲しい。

 

さて、30代、40代になってからの基礎化粧品ってどうしていますか?
当サイトでも「毛穴ケア」の解消法をいろいろ紹介していますが、エイジング世代の肌は毛穴だけではなく、もういろいろ悩みがつきません。
しみ、くすみ、しわ・・ああ、いろいろ。
こんな悩みがいろいろ増えてきたら、もう若い時の化粧品ではダメですよ!
それなりに年齢にあった化粧品に切り替えないと・・。
エイジング世代には基礎化粧品はとっても大切なのです。

 

どんな化粧品がいいかは、悩みの種類にもよりますが、やっぱり保湿効果は最重要課題。
保湿ができる化粧品をベースに悩みに合わせて選ぶといいでしょう。

いろいろなエイジング世代の化粧品を紹介しているサイトをリンクしておきます。
参考にどうぞ!
「エイジング化粧品」比較ランキングサイト